オーガニックの正しい意味、きちんと理解できている?購入時の注意点

自然環境や自分の体について知ろうとすると、「オーガニック」という単語をよく見かけませんでしょうか?

もちろんオーガニックという言葉について、どんな意味なのかをなんとなくわかっているとは思いますが、実は意外と正確な意味までは理解していなかったりするはず。

イメージとしては、「安心・安全」のような意味で読み取っているかもしれませんが、実はオーガニックを名乗るためにはいくつかの厳密な条件があるのです。

今回はそんなオーガニックについて説明していきます。

目次

オーガニックの正しい意味は知っていますか?

オーガニックと名乗るためには、野菜や素材などの作物を「有機栽培」で育てなければなりません。

一般的な農業では化学的な農薬や肥料を使って作物を育てていますが、有機栽培では禁止されている化学肥料や農薬は使用できません。

そのため、限りなく自然に由来した土壌を使い、農薬も使わないという環境で育った作物だけがオーガニックであると言えるのです。

さらに最近の農業では「遺伝子組み換え」技術が利用され、大量に育てやすい野菜作りが行われています。しかしオーガニック野菜では、そのような遺伝子組み換えをした種子の使用は禁止されています。

オーガニック野菜が安心で安全であるというのは、そのように化学的に作られた土壌や肥料、農薬を使用せず、遺伝子組み換え技術も使わない、自然に近い環境と種で作られているから。だからこそ、オーガニック野菜は安心して食べられるわけです。

野菜だけでなく、オーガニックであることは持続可能(サスティナブル)な社会づくりのため世界中で関心を集めていて、コスメもそうですし、コットンなどの素材もまたオーガニックを重視するようになっています。

野菜に関しては、日本国内においてオーガニック野菜は農林水産省により「有機JAS」という規格で厳密に管理されています。有機JASに認定されると専用のマークが発行されますので、認定された野菜はこのマークの使用が可能です。

オーガニックのものを購入することのメリットは?

オーガニック野菜は、このように化学的な育て方をしない、遺伝子組み換えがないといった条件で作られることはわかりましたが、ではそれによって野菜を食べる消費者はどんなメリットを受けられるのでしょうか。

まずは化学的な農薬を使わないことで、食べても安全であるというのが大きなメリットです。

農薬というのは成長中の野菜に付く虫などを殺すための薬品ですから、それが少しでも残っていると食べることで人の体に取り込まれ、害になる可能性があります。そのような農薬を一切使用しないことで、食の安全が守られるわけです。

さらに広い意味でのメリットを考えるのなら、限りなく自然に近い環境で作られた野菜は人間の体にとっても「やさしい」と言えるでしょう。健康的であると同時に、その風味も野菜本来のやさしさが感じられるものです。

オーガニックの商品を選ぶときの注意点

このようにオーガニックの商品は自然に優しく、使う人にとってもより自然に近いという安心感と安全を与えるものなのです。

しかし中にはオーガニックを名乗りながらも、実はそうでないといった商品が混ざっている可能性もあります。

そのため、本当に人のため、自然のためにオーガニックを利用したいのであれば、いくつかの注意点があります。

まず、日本国内でオーガニックを認定された商品には、前述の通り「有機JASマーク」が発行されています。ですからこのマークがついた商品であれば、オーガニックであることが保証されるのです。

ただし、このマークがあれば絶対に安全であるというわけでもありません。有機JASマークは指定された農薬などを使用していないというのが条件のため、絶対に農薬が使われていない、とは限りません。

さらに条件をうまくすり抜けて、間接的に化学薬品が使われている可能性も否定できないのです。

そのほかにも生産者、メーカーが、本当に信頼できるところなのかもチェックしておきたいポイント。最近ではオーガニックに対する世間の目が厳しいですから、ネットなどでもその評価を調べられるものもあります。

同じように特定のオーガニック商品に関して、さまざまな口コミもチェックできますから、それを利用するのも一つの方法です。特に口にするものは、レビューなどで慎重に確認しておくとよいでしょう。

価格というのも大切な要素です。オーガニックは安価な化学製品を使わないため、一般的な商品よりも値段が高いものです。オーガニックにも関わらずあまりに安い商品は、実はオーガニックに作られていない可能性もあるので注意してください。

まとめ

オーガニックというのは、このようにぼんやりとしたイメージ的なものではなく、有機JASという、国によって定義されている方法で育てられ、作られた作物による商品のことを指します。

自分の体のこと、そして自然環境のことを意識して、これから先の自分の暮らしや世の中のためになる消費スタイルを実現するためには、このオーガニックの意味を正しく理解し、自分の生活の中に取り入れていく必要があるのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブラック企業にOLとして勤めたのち、Webライターとして独立。得意ジャンルは美容、恋愛、節約、ファッション、オカルトなど。記名記事、専属ライターとして活動するWebサイトは多数あり。

目次
閉じる