今すぐ肌荒れをなんとかしたい!美肌に近づける食べ物とは

「急にニキビがたくさんできてしまった・・・」「最近肌にかゆみが出やすい」と悩んでいる人はいませんか?

肌荒れの症状が続くとメイクのノリが悪くなりますし、素顔にも自信が持てなくなってしまいますよね。

つらい肌荒れをよい状態に変えるには、もちろんスキンケアも大事ですが、「美肌に近づける食べ物」を積極的に食べるのも効果的。

では具体的にどんな食べ物を食べればよいのでしょうか?

目次

肌荒れをなんとかしたい!美肌にいい6つの食べ物

肌荒れの症状を落ち着かせて、美しい肌に導いてくれる食べ物はたくさんありますが、その中でもおすすめなのは次の6種類です。

ナッツ類

ピーナッツやアーモンド、カシューナッツ、ピスタチオなどの「ナッツ類」は、美肌に近づけてくれる代表的な食べ物です。

ナッツ類の中でも積極的に食べたいのがアーモンド。アーモンドに含まれるビタミンEには、加齢によるお悩みにアプローチしてくれる作用があります。

ナッツ類は料理に入れてもよいですし、おやつ代わりに食べてもOK。食物繊維が豊富ですから、適度に食べれば便秘による肌荒れにもいい効果を与えてくれます。

フルーツ

イチゴやレモン、キウイフルーツ、バナナ、ブドウなどの「フルーツ」は、すでに美容に力を入れている人なら、意識して毎日食べているかもしれません。

フルーツはどれを食べても美容にはいい効果を与えてくれますが、種類をしぼりたいのなら、レモンやオレンジなどビタミンCを多く含むものがおすすめ。

ビタミンCにはシワやたるみなどの肌悩みにアプローチする力があります。肌の新陳代謝を活発にしてくれる作用もあるため、シミに悩む人は積極的に食べましょう。

大豆類

納豆や豆腐、枝豆などの大豆類に含まれる「大豆イソフラボン」は、シワ・たるみの悩みの改善をサポートしてくれます。

さらにコラーゲンの生成を促す作用もありますので、コラーゲンを含む食べ物を食べるなら大豆製品も一緒にとりましょう。

甘酒

代謝をアップさせる作用があるビタミンBが含まれる「甘酒」は、最近SNSや雑誌で活躍している美容賢者たちが美容のために好んで飲んでいます。

腸内環境を整える働きもあるので、便秘による肌荒れを起こしやすい人は、1日1杯程度、甘酒を飲む習慣をつけてはいかがでしょう。

肌を作り上げる働きがある動物性のタンパク質は、卵に多く含まれています。肌がゆらぎやすいのは、刺激や汚れ、ホコリなどに負けてしまう「弱い土台」であるのが原因の一つ。

ちょっとしたことで肌荒れをを起こしてしまうなら、あれこれ手を出すより、卵を食べてダメージに負けない肌の土台作りから始めましょう。

発酵食品

慢性的な便秘で常に肌荒れに悩んでいるのなら、まずは腸内の環境を整えるところからスタートすべき。

ここまででご紹介したナッツ類や甘酒のほかに、チーズやヨーグルトなどの発酵食品も腸の調子を整えてくれるので、進んで食べるのが美肌を手に入れるために大切なポイントです。

気をつけて!肌荒れを悪化させてしまうNGな食べ物

すばやく肌荒れを治したいのなら、美容にいい食材を積極的に食べるだけでなく、「肌荒れを悪化させやすい食べ物」を食べないように注意しましょう。

食べすぎると肌荒れを促進させてしまう可能性がある食材には、

・ナッツ類

・脂っこい食べ物

・ジャンクフード

・市販のお菓子

・砂糖が多く入った物

があります。

ナッツ類は適量なら美肌に近づけてくれるのですが、たくさん食べると油分を摂取しすぎてしまい、ニキビやふきでものができる原因になるのです。食べる量はひと掴み程度を1日分として、肌の調子を見ながら調整しましょう。

脂っこい食べ物やジャンクフード、市販のお菓子もニキビ・ふきでものを作る原因になりますので、肌荒れ中は控えるべき。

砂糖が多く含まれた食べ物は腸内環境を乱れさせ、肌のコンディションを悪くしてしまう場合があるので食べないよう心がけましょう。

肌荒れを早く治したいときにあわせてやっておきたいこと

肌荒れにいい食べ物を積極的に食べ、肌トラブルを悪化させる食べ物は控えるよう食事内容を改善したら、もうひとつぜひやってほしいことがあります。

それは「美肌にいい行動」です。

たとえば、

・水を1日1.5〜2リットル飲む

・適度な運動を続ける

・質の良い睡眠を心がける

などが美しい肌に近づけるために効果的な行動となります。

水分を十分にとって適度な運動で汗をかけば、不要なものを体内にためこみにくくなるので、ふきでものができにくくなるのです。睡眠不足は美しい肌の「敵」ですから、夜更かしや徹夜をやめて1日7〜8時間は寝ましょう。

忙しくて肌荒れにいい食材があまり食べられないというなら、ビタミンCやビタミンEのサプリメントを上手に活用するのも一つの方法。

ただし、サプリメントはあくまでもサポート的な役割なので、必要な栄養素は食事からとるのが基本です。

まとめ

肌荒れをそのままにしておくと自然に治るときもありますが、症状が悪化して治りが遅くなってしまうケースもあります。

シミや色素沈着は治るまでに時間がかかってしまうので、肌荒れの症状が軽いうちに食事を工夫して肌トラブルを改善しましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブラック企業にOLとして勤めたのち、Webライターとして独立。得意ジャンルは美容、恋愛、節約、ファッション、オカルトなど。記名記事、専属ライターとして活動するWebサイトは多数あり。

目次
閉じる