マクスで肌荒れがひどい!美肌をキープするための3つのケア

マスク生活が続いている中、「マスクが当たる部分が肌荒れしてしまう」「口周りのニキビがひどい」と悩んでいる人は少なくないはずです。

長時間マスクを着用すると、肌にダメージが加わって肌荒れが起きやすくなります。美肌をキープするにはいつものケアにプラスして、マスクによる肌荒れを防ぐためのケアを行いましょう。

マスクで肌荒れが起こる原因と、美肌をキープするためのケアを3つご紹介します。

目次

知っておくべきマスクで肌荒れが起こる原因

マスクをつけていると、マスクの布が当たっている部分の温度・湿度が上がって蒸れた状態になります。蒸れた状態を繰り返すと、肌は刺激に弱くなりバリア機能が低下して肌荒れを起こしてしまうのです。

肌が蒸れた状態というのは、雑菌が繁殖しやすい状態とも言えます。ニキビやふきでものは雑菌が原因ですから、マスクが当たる部分や口周りにニキビなどができやすくなるのです。

肌荒れの原因は蒸れだけでなく、マスクの素材も関係しています。マスクの素材が肌に合わないと、かゆみや赤みなどアレルギーのような症状が出る場合も。特定のマスクをつけると肌荒れを起こす人は、マスクの素材が肌質に合っていないのかもしれません。

そのほかにも、マスクよって肌に必要な皮脂が吸い取られてしまうと、肌が乾燥した状態が続いて肌荒れにつながることもあります。マスクを外すと急激に水分が蒸発するため、長時間マスクをつけたままにしているのも肌の乾燥を促進させる原因の一つです。

マスクによって一時的に肌が敏感になり、ニキビやかゆみ、肌のごわつき、乾燥などの肌荒れが起こることを一般的に「マスク性敏感肌」と言います。

マスクによる肌荒れを防いで美肌をキープするための3つのケア

しばらくはマスク生活が続くことが予想されます。マスクによる肌荒れを防ぐには専用のケアが必要です。おすすめのケアを3つご紹介しますので、肌荒れが悪化する前に試してみてください。

1.肌への刺激をできる限り抑える

マスクによって肌のバリア機能が低下しているときは、ほんの少しの刺激でも肌荒れを起こしやすくなっています。そのため、できる限り肌への刺激を抑えたケアに変えることが大切です。

まずは今使っているスキンケア用品を低刺激のものに変えてみましょう。パッケージに「低刺激」「敏感肌用」「パッチテスト済み」などと書かれた商品は、記載がないものより刺激が少ないのが特徴です。

スキンケア用品を見直したら、洗顔とスキンケア方法も刺激を減らした方法に変えてください。洗顔フォームはしっかりと泡立て、こするのではなく泡を肌に当てるようにして洗いましょう。化粧水などを塗るときも、ゴシゴシとこすらず優しくいたわるようにして肌になじませるのがポイントです。

2.肌から水分が逃げないように

マスク生活によって肌の乾燥を感じている人は、必要な水分が逃げないよう、スキンケアの最後に乳液やクリームなどでフタをしましょう。

油分の少ない化粧水や美容液だけだと、すぐに水分が肌から逃げてしまうので乾燥が悪化してしまいます。

乳液などでフタをしても日中に肌の乾燥を感じてしまうなら、すぐに潤いを補給できるようにミストタイプの保湿剤を持ち歩くのがおすすめです。

3.スキンケア以外でできること

マスクがこすれる部分が赤くなってしまったり、ヒリヒリと痛みを感じたりするなら、マスクのこすれが強い部分にワセリンを塗ると良いです。ワセリンが皮膚に膜を張ってくれるので、マスクの刺激が直接肌に伝わるのを防いでくれます。

暑い季節はマスクの中で汗をかくこともあるでしょう。汗をそのままにしておくと雑菌が繁殖し、肌荒れが悪化してしまうのでこまめに拭き取ってください。

マスクの素材が合わないと感じたら、ひどいアレルギー症状が出る前に別の素材のものに取り替えましょう。

マスクでこんな肌荒れが起きたときは皮膚科を受診しよう

マスクの布が当たる部分に、

  • じゅくじゅくと膿んだ吹き出物ができている
  • 真っ赤になってかゆみが我慢できない
  • ふきでものや赤いブツブツの量が多い
  • セルフケアを2週間続けても変化がない
  • セルフケアで肌荒れが悪化した

などの症状が出ているときは、自力で治すのは難しいので皮膚科を受診しましょう。

マスクが原因ならマスクを着用しないことで徐々に症状は良くなっていくはずですが、今はそれも難しいはずです。自然治癒やセルフケアで肌荒れが落ち着きそうにないと感じたら、早めに専門家に診てもらってくださいね。

まとめ

今まではマスクで肌荒れを起こした経験がない人でも、長く続くマスク生活によって新しい肌の悩みに直面しているのではないでしょうか?

肌荒れはそのままにしておくと症状は加速する一方です。ニキビが膿んでしまったり、赤みが顔全体に広がってしまったりするとセルフケアでは緩和が難しいので、そうなる前にケアを工夫して美肌をキープしていきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブラック企業にOLとして勤めたのち、Webライターとして独立。得意ジャンルは美容、恋愛、節約、ファッション、オカルトなど。記名記事、専属ライターとして活動するWebサイトは多数あり。

目次
閉じる