手作りのハーブソルトで上質なバスタイムを!作り方のコツをご紹介

みなさんは「ハーブソルト」というのがどんなものかご存知でしょうか?ハーブソルトとは、ハーブで作ったバスソルトのことです。

一般的なバスソルトと使い方は同じで、ハーブの香りによるリラックス効果が得られる点がメリット。

実はこのハーブソルトは、自宅で手軽に作れるものなのです。そこで今回はハーブソルトのメリットと合わせて、ハーブソルトの作り方と上手に作るコツをご紹介します。

目次

ハーブソルトって何?どんなメリットが得られる?

まずはハーブソルトとはどんなものか、メリットには何があるのか説明しましょう。

ハーブソルトとは

「ハーブソルト」と聞くと、ハーブの入ったお塩なので料理に使うイメージを持つ人もいるかもしれません。もちろん料理用のものもありますが、それだけでなくバスソルトの代わりとしても使えます。

バスソルトや入浴剤はいろいろな種類がありますが、合成香料ではなく「ハーブそのもの」の香りでリラックス効果を得たいならハーブソルトがおすすめです。ハーブソルトはボディスクラブとしても使えます。

ハーブソルトを使うメリット

ハーブには気持ちを落ち着ける効果があるので、お風呂に入ることとの相乗効果でストレス解消効果が期待できるのがメリットです。

ハーブの種類によっては体が温まって血行がよくなったり、リラックスすることで睡眠の質が高まり、疲れにくい体に導いてくれる効果もあります。

精油をプラスするとさらに香りが楽しめるので、ハーブのみでは物足りないときはぜひ併用してみてください。

実は簡単!ハーブソルトの作り方と上手に作るコツ

「ハーブソルトって作るのが難しいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、実は自宅で簡単に作れます。

ハーブソルトの作り方の基本と、上手に作るコツを紹介するのでぜひチャレンジしてみてください。

ハーブソルトの作り方とコツ

準備するもの

  • 乾燥させたハーブ・・・適量
  • 大粒の天然塩・・・大さじ2
  • お好みで精油・・・5滴

1.まずは乾燥させたハーブを適量用意します。乾燥した状態で売っているものがなければ、生のハーブを天日干しで乾燥させても構いません。

2.乾燥ハーブをビニール袋に入れて揉むか、すり鉢で擦って粉状にします。

3.ボールに粉状の乾燥ハーブと天然塩を入れてしっかり混ぜましょう。精油は乾燥ハーブと天然塩を混ぜ合わせたあとに入れてください。

4.緑茶パックにハーブソルトを入れたら完成です。

天然塩には死海の塩、岩塩、海塩などの種類がありますので、お好みに合わせて選んでください。中にはピンクソルトなど色付きのものもあり、香りだけでなく色も楽しみたい人におすすめです。

ハーブソルトを上手に作るポイントは、とにかく「しっかり混ぜること」。ハーブと塩、精油が均等に混ざっていないと、塩ばかりで香りがあまりしない場合があるので注意しましょう。

ハーブソルトにおすすめのハーブの種類!上質なバスタイムにして

一口にハーブと言ってもいろいろな種類がありますので、「どれがいいかわからない」と悩む人もいるかもしれません。そのような人のために、ハーブソルトにおすすめの種類を4つご紹介します。

ハーブソルトに使うのにおすすめのハーブは、

  • ラベンダー・・・睡眠の質を高めてくれる。
  • レモンバーム・・・心を落ち着けてくれるのでストレス解消になる。
  • ペパーミント・・・目を覚ましてくれるので朝風呂におすすめ。
  • ローズレッド・・・上品な香りなので優雅な気分になれる。

などです。

ミックスしてもOKなので、得たい効果を基準にしてハーブの種類を選んでくださいね。

ハーブソルトを使うときの注意点!正しく使って効果を感じよう

ハーブソルトは気持ちを癒してくれたり体を温めてくれたりと、バスタイムを上質にしてくれるアイテムの一つです。ただし使うときにいくつか注意点があるのでご紹介しておきます。

ハーブソルトを使うときの注意点としては、

  • ハーブがお風呂の循環器のフィルターに目詰まりしないよう注意。
  • 溶けにくいお塩は風呂釜を痛める可能性があるので注意。溶けやすいものを選ぶ。
  • スクラブとして使うときは肌を痛めないよう優しくすり込む。
  • 精油を入れすぎると香りがきつくなるので1滴ずつ調整。

などです。

ハーブソルトを緑茶パックに入れるときは、フタが開いて中身が出ないよう、輪ゴムを使って密閉するのを忘れないようにしましょう。

あまりに大粒すぎるお塩は水に溶けにくく、風呂釜を痛めてしまう可能性があります。どのサイズが溶けやすいかはお湯の温度によっても異なるため、まずは中粒程度のお塩からスタートし、5分くらいで溶け切るかを目安にすると良いです。

それでも溶けにくさが気になるのであれば、小粒ですが「エプソムソルト」が溶けやすいのでおすすめ。

ハーブソルトで使う天然塩は粒が大きめなので、ゴシゴシこすって体を洗うと肌を痛めてしまいます。腕の内側など皮膚の薄い部分を避けて、優しく撫でるように洗うなど、スクラブとして使うときは肌への刺激にも注意してくださいね。

まとめ

ハーブソルトはハーブと天然塩があれば簡単に作れ、香りの効果で気持ちを和らげてくれたり、睡眠の質を高めてくれるのがメリットです。

入浴をより上質なものにしたい、リラックス効果をさらに高めたいという人は、ぜひハーブソルト作りにチャレンジしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブラック企業にOLとして勤めたのち、Webライターとして独立。得意ジャンルは美容、恋愛、節約、ファッション、オカルトなど。記名記事、専属ライターとして活動するWebサイトは多数あり。

目次
閉じる