むくみに悩む方は着圧ソックスがおすすめ!むくみ解消から注意点まで詳しく解説

季節問わず気になるむくみですが、少しでも改善されるように工夫をしている方も多いのではないでしょうか。また、対策をしても効果があまり出ずに悩んでいる方も少なくありません。そのように悩まれる方が多いむくみについて、対策も合わせてご紹介します。

目次

むくみとは?

むくみとは、皮膚や皮膚の下に水分がたまっている状態を指します。むくみは、一時的なものから病気として認められているもの、そして寝たきりなどの理由から影響しているものまで様々です。

むくみが出る部分は、体全体を見て下の部位に多くあります。下の部位に多くある理由は、水分と重力が関係しているためです。

H3 女性の方がむくみやすい?その原因は?

むくみは、血液の循環がスムーズではない場合に起りやすいと言われています。血液の循環には、ポンプの役割をしているふくらはぎが関係してきます。むくみが起こると血液の循環が悪くなりやすいため、念入りにケアするといいでしょう。

特に女性は元々筋肉の量が少ない方が多いことや加齢になるにつれてポンプがスムーズに働きにくい状態になりやすいと言われています。

むくみ解消の方法

長時間の立ち仕事やデスクワークなどの座っている仕事や学生の場合、むくみがより出やすいです。では、むくんでしまった場合には、どのようにむくみを解消したらいいのでしょうか。

特におすすめしたい解消方法をご紹介します。今日からできる内容も含まれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

着圧効果のある靴下やタイツを履く

最初におすすめしたい方法は、着圧効果のある靴下やタイツを履くことです。日中使用できるタイプと夜のみ使用するタイプ、そして時間帯問わず使用できるタイプがあります。

そのタイプによって、丈の長さや着圧の強さが変わりますので、しっかりと自分に合ったものをチェックしましょう。

毎日しっかりとマッサージ

むくみは、しっかりとケアして解消することが大切です。むくみを解消せずにそのままにしてしまうと、徐々にむくみやすい体質に変わってしまいます。

顔であれば大きく、脚であれば太く見えやすくなるなど部位によって見え方が変わってきてしまうため、普段からケアすることをおすすめします。

マッサージをしっかりすると翌日の体の重さなど感じ方が変わってきますので、おすすめです。

また、病気によってむくみが出ているなど、マッサージを避けなければいけない場合もありますので、病気によってむくみが出ている場合には、事前にマッサージが可能か医師に確認しましょう。

むくみ解消で着圧ソックスを履くときの注意点

簡単にケアできる着圧ソックスですが、履くときに注意しなければならない点も複数あります。

中でも特に注意していただきたい点を3つに分けてご紹介します。

寝るときには寝る用の着圧ソックスを!

日中使用できるタイプは、寝るとき用のタイプに比べて、着圧がより強く設定されています。

着圧が強いほど効果が高そうなため、日中用の着圧ソックスを使用してしまおうと考える方も少なくありません。

しかし、寝ているときに日中使用する着圧ソックスを使用した場合、血行障害など体に影響が出てしまう可能性が高まりますので避けましょう。

肌が弱い人は素材にも注意

着圧ソックスは、他の靴下に比べて圧をかけてむくみをとりますので、より肌へ密着します。そのため、素材によっては肌のトラブルが起ってしまうことも少なくありません。

話題になっているからという理由ですくに購入するのではなく、口コミや評価をしっかりと調べた上で購入をおすすめします。

商品により長さも違うため比べてみよう

着圧ソックスは、タイツのように腰まであるタイプからふくらはぎまでの長さのタイプなどいくつか種類があります。

どの部分のむくみを解消したいのか、どのようなシーンでケアしたいのかなど目的によって選ぶタイプも変わります。

複数のメーカーから販売されていますが、着圧の強さや長さも変わりますので、ぜひ調べてみてください。

一日中着圧ソックスは履かない

日中着圧ソックスを履く方は夜は避け、夜に着圧ソックスを履いている方は、日中の着用は避けましょう。

長時間着圧ソックスを履いていると、強い力で締め付けている時間が長時間になってしまいますので、よりむくみのトラブルや体のトラブルが起ってしまう可能性が高くなります。

注意事項を守ってむくみを解消しよう

着圧ソックスの着用やマッサージをするとむくみが解消されますが、方法によってはかえって悪化してしまいますので、正しい方法で行うようにしましょう。

また、日頃のケアが後々影響してきますので、今日からできることをぜひ試してみてください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

接客業に10年間携わっておりました。コロナウイルスの感染拡大を機に、多趣味を活かし現在ライターをしながら個人ブログを運営しております。

目次
閉じる