[管理栄養士の週末レシピ]ハーブで冬のおもてなし!タラ(鱈)のポワレ~バジルソース~

みなさん、バジルやローズマリー、オレガノなどのハーブを使って料理をしたことはありますか?レストランでしか味わったことがなかったり、使い方が分からない…という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、スーパーマーケットでも簡単に手に入る「バジル」を使ってちょっとおしゃれだけど簡単にできる魚料理をご紹介します!

レストランで出てきそうなバジルソースが映える一品です。

目次

タラ(鱈)のポワレ~バジルソース~ レシピ

準備するもの(材料)

材料(2人前)

タラ(鱈)2切れ
塩、黒コショウ少々
薄力粉適量
オリーブオイル大さじ1
パプリカ(赤・黄)*付け合せ

<A>

バジルの葉15枚
にんにく1/2片
オリーブオイル大さじ3
塩こしょう少々
粉チーズ大さじ1
レモン汁大さじ1

作り方

1.バジルは軸から葉を取る。バットにタラを入れ、両面に塩をまぶしておく。

2.フードプロセッサーに<A>を入れてペースト状になるまで撹拌する。(ない場合は刻んですり鉢でする)

3.1.のタラは出てきた水分を拭きとり皮目部分に薄力粉をふり、全体にこしょうをふる。

4.フライパンにオリーブオイルを敷き、3.を皮目からパリッとするまで弱火で焼き、両面火が通るまで焼く。付け合わせのパプリカも焼く。

5.器にソース盛り付け、タラ、パプリカをのせる。完成!

タラ(鱈)のポワレ~バジルソース~  管理栄養士のポイント

冬が旬のタラ(鱈)を味わおう

冬が旬の魚「タラ(鱈)」は比較的安価で手に入る、今が絶品のお魚です。

タラは魚の中でもとりわけ脂質が少なく、タンパク質は豊富というヘルシーな魚。

また、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや、血液の成分のヘモグロビン生成を助けるビタミンB12も豊富に含まれています。

ダイエット中や貧血・骨粗鬆症予防などにおすすめの食材です。

バジルってすごい!ハーブの力

バジルは香りが高く、少し料理に加えるだけでいつもの料理に深い味わいを与えてくれます。

香りだけでなく、バジルは栄養価も高い食材です。免疫機能を高めるビタミンAや骨の健康に関わるビタミンKや、カルシウムが豊富で、他にも多くのビタミンやミネラルを含んでいます。

バジルに含まれる栄養素は、油と一緒に摂ることで吸収率が上がるものが多いのでオリーブオイルと合わせてバジルソースにするのがお勧めですよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

グルメな管理栄養士として、美味しいものを食べて心も体も元気に、をテーマに活動中。美味しいグルメやカフェ情報から、オシャレで健康なレシピなどをSNSで発信。今日も美味しく楽しく”いただきます”。

目次
閉じる