[管理栄養士の週末レシピ] あったか鍋で肌荒れ予防!まるごとチーズ鍋

乾燥肌やマスクでニキビや肌荒れに悩んでいる方、必見!

今回は冬に食べたくなる、とろ~りカマンベールチーズがポイントの映える鍋レシピを紹介します!

ただ映えるだけでなく、肌荒れ改善につながる栄養を含んだ一品に仕上げました。

女子会などにもおすすめですよ!

目次

まるごとチーズ鍋 レシピ

準備するもの(材料)

材料(2人前)

ブロッコリー1/2房
芽キャベツ5個
にんじん1/3本
トマト1個
カマンベール1個
鶏もも肉1枚
黒こしょう適量

<A>

800ml
顆粒コンソメ大さじ1
にんにく1片
小さじ1

作り方

1.鶏もも肉はひと口大に切る。ブロッコリーは子房に分ける。にんじんは1cm幅の輪切りにする。トマトはくし切りにする。ニンニクはみじん切りにする。

2.鍋に<A>、鶏肉、にんじんを入れ、蓋をして中火にかけ、沸騰したら残りの野菜を入れて火が通るまで加熱する。

3.カマンベールチーズを入れ、蓋をして中火で2分程加熱する。カマンベールチーズが溶けたら、火を止め、お好みで黒こしょうをふる。

4.完成!

まるごとチーズ鍋 管理栄養士のポイント

カマンベールで美肌と映えをゲット

カマンベールチーズを丸ごと1個鍋に入れることで、インパクトのある鍋に仕上がります。

カマンベールチーズには、皮脂のバランスを調整して皮膚や粘膜のはたらきを維持するビタミンB₂を含むので、肌荒れ改善にもおすすめの食材です。

肌荒れ改善におすすめ野菜

レシピに使っている「にんじん」、「ブロッコリー」、「芽キャベツ」はそれぞれ肌荒れ改善に役立つ栄養素を含んでいます。

にんじんには、肌粘膜の健康を維持するビタミンAが豊富に含まれています。

ハリのあるお肌づくりに必要なコラーゲンですが、それを生成するために必要なビタミンCをブロッコリーが持ち合わせています。

芽キャベツは、毒素を排出し、ニキビ予防に役立つ食物繊維を含んでいます。

水溶性のビタミン類もあるため、鍋のしめはリゾットにすることで、スープに溶けだした栄養素もしっかり回収できますよ!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

グルメな管理栄養士として、美味しいものを食べて心も体も元気に、をテーマに活動中。美味しいグルメやカフェ情報から、オシャレで健康なレシピなどをSNSで発信。今日も美味しく楽しく”いただきます”。

目次
閉じる