アンチエイジングには「水」が効果的?水が老化予防に良いとされる理由とは

「いつまでも若々しい姿を保つにはどうすればいいの?」「歳を重ねるとともに、肌の元気がなくなってくる…」と悩んでいる方も多いでしょう。お金をかけていろいろなアンチエイジングを試している方も少なくありませんよね。しかし、費用をかけなくても手頃にできるアンチエイジング方法があったのです。それが「水」を飲むこと。今回はアンチエイジングに「水」が効果的とされる理由をご紹介します。

目次

積極的に「水」は飲んでる?

普段の生活の中で、水を飲む機会はありますか?コーヒーやフルーツジュース、炭酸飲料など様々な飲み物が販売されているので、なかなか「水」を飲んでいる方は少ないのではないでしょうか。

水を飲まないことで気づかないうちにお肌や体の水分が不足しているのかもしれません。人間の体において「水分」はとても重要なものです。体の中の水分が減ると、一気に老化が加速する恐れも…。

水分不足に陥っているからこそお肌のハリやたるみが気になったり、加齢を感じることが多くなったりするのでしょう。

実は「水」には驚くべき美容効果が!?

アンチエイジングには血行促進や冷えの改善が重要なポイント。実は「水」にはアンチエイジングに効果的な血行促進や冷えの改善を促せる効果が期待できるのです。

便秘解消効果で老廃物を排出できる

お腹の中に便が溜まっていると、老廃物が排泄できなくて便秘だけではなく肌荒れなどを引き起こすことも…。

お肌は一番老化が現れやすい場所であるので、お肌の状態を整えることを意識するだけでも若々しさがでてくるでしょう。

そこで効果を発揮してくれるのが「水」なのです。水には便秘解消を促す効果が期待できます。そもそも便秘は体が水分不足になり、便が硬くなることで起きる症状のこと。

そのため、不足した水分を十分に補給することで柔らかい便にでき、便秘解消につながるのです。体の老廃物を排出することで、透明感のあるお肌になり、若々しい見た目に変わるでしょう。

血流改善効果で冷えを改善できる

血流が悪いと冷えが起こり、お肌の血色がないように見られます。体のさまざまな機能も低下するので、ぽっこり下腹やむくみなど、肌のハリやつやの低下など老化トラブルが起きることも。

ハリがないお肌はたるみが目立ちますし、実年齢より老けて見られることもあるでしょう。

人間の体の血液の8割は水分で構成されています。水分不足に陥るとサラサラな血液ではなく、ドロドロになり血流が滞ってしまいます。

そのため、血液をサラサラにするためには、不足した水分を補うことが大切なのです。水を摂取することで体の水分不足を解決し、血流の改善を促してくれるでしょう。

血行が改善されることで顔に透明感が生まれ、ハリのある若々しいお肌が目指せます。

血行促進効果で代謝アップ

アンチエイジングには代謝アップも欠かせないポイントです。代謝が上がるとエネルギーの消費量も上がりますし、ダイエット効果にもつながります。

歳を重ねるにつれなかなか体重を落とすのは難しくなっていきます。それは歳を重ねるとともに、代謝が下がってしまうから。

歳を重ねても美しい人は無駄な脂肪を蓄えておらず、かと言って不健康そうなガリガリ体型でもありません。程よく脂肪と筋肉がついたバランスの良い体をしているのです。

水には血流促進を促す働きがあります。手先まで血流が行き届き、代謝がアップしてカロリーの消費量もアップします。

無理なダイエットではなく健康的に痩せられるので、顔色も良く、筋肉と脂肪のバランスの良い若々しい体作りが目指せるのです。

鎮静作用でリラックスできる

自律神経が乱れるとホルモンバランスも崩れ、ストレスにより一気に老化が加速します。たるみやほうれい線も深くなり、若々しさがなくなってしまうのです。

水には「カルシウムイオン」と「マグネシウムイオン」が含まれています。カルシウムイオンとマグネシウムイオンには鎮静作用があると言われており、リラックス効果を感じられるのです。

また、カルシウムには交感神経の働きを抑える効果が期待できると言われています。交感神経が優位になるのを抑え、自律神経のバランスを整えることでストレスを解消し、老化防止のために働きかけてくれるのですね!

アンチエイジングには「水」が効果的!

アンチエイジングを目指したいなら「水」が効果的です。水はそんなに費用がかかりませんし、誰もが手軽にできる方法でもあります。

とは言え水の飲み方にも注意点があるので、お伝えしておきますね。

1日に飲む水の計算方法

ただひたすらに水をガブガブ飲めば良いというわけではありません。人によって一日に飲む水の量には適切な量があります。アンチエイジング効果を得るためにも自分の必要な水分量を把握しておくことが大切。

1日に飲む水の計算法式

体重×年齢別必要量= 1日の必要水分量

年齢別必要量
30歳未満… 40ml
30〜55歳… 35ml
56歳以上… 30ml

例えば35歳で50kgの人で、50kg×35ml=1,750mlとなります。

とは言え、最初から水を1リットル以上も飲むのは難しいかもしれません。効果を期待する場合は年齢別の水分量を飲む必要があるものの、難しければ飲める量から始めても大丈夫です。

徐々に飲む量を増やして、水生活に慣れていきましょう。

水は常温がおすすめ

飲む水ですが、常温がおすすめです。特に暑い夏場だとキンキンに冷えた水を飲みたくなりますよね。しかし、冷たすぎると吸収スピードが遅く、急速に内臓を冷やしてしまいます。

たとえ水を飲んだとしても、冷えやむくみが改善されるどころか、逆に悪化させる危険性があるのでNG。お肌の血色を奪い、不健康そうな見た目になってしまうでしょう。

常温の水であれば胃腸への負担も少なく、体温も奪うことはありません。血色の良い健康的なお肌づくりが目指せます。

市販で販売されているミネラルウォーターを飲むのであれば、まずは常温まで温度を上げてから飲むようにしましょう。

毎日のお水生活でアンチエイジング!

アンチエイジングには冷えの改善や血行促進が重要です。そんな冷えの改善や血行促進には、「水」が効果的に働きかけてくれることが分かりました。水を積極的に飲むことで手先まで血流が促されるので、冷えの改善にもつながり、同時に若々しい体を作ることにもつながるのです。最初から水をがぶがぶ飲まなくても大丈夫です。まずは飲める量から始めていくことが大切。慣れてきたら徐々に飲む量少しずつ増やしていってください。水を積極的に飲んで、アンチエイジングを目指しましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

美容業界で4年間携わっておりました。そのときに学んだ知識を活かしながら、現在ライターとして活動しています。

目次
閉じる