オーガニック思考におすすめ?紫外線に影響のある食べ物とは?

最近ではオーガニックの食材を取り入れている方も増えてきています。

今回はオーガニック食材での紫外線対策に焦点を当ててご紹介します。普段何気なく食べている食べ物も紫外線対策に影響があるものもあります。

ぜひ、自分の食生活を思い出しながら最後までご覧ください。

目次

オーガニック思考の方が取り入れてる?食べ物の紫外線対策

朝は避けて夜に食べるとおすすめな食べ物を聞いたことがある方もいらっしゃるのではでしょうか。そのような食べ物は、実は紫外線に影響がある「ソラレン」という物質が関係しています。

食べ物からの紫外線対策を意識すると女性が悩むことの多い肌トラブルのリスクが減りますのでおすすめです。

紫外線に影響のあるソラレンとは?

ソラレンの効果について知っている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。紫外線による影響でシミができてしまうことに気になる方も多いでしょう。

ソラレンは、紫外線を多く吸収してしまい、シミができやすくするメラニンの生成を促します。そのため、食生活からソラレンが含まれる食べ物と上手に付き合うとおすすめです。

ソラレンが含まれる食べ物は危ない?

先程ご説明したように、ソラレンはシミなど肌トラブルが出来てしまうリスクが高まるものです。しかし、食べてはいけないわけではありません。ソラレンが含まれている食べ物でも栄養が豊富なものも多いためです。

ソラレンが多く含まれる食べ物は肌トラブルが起こりやすい

ソラレンが含まれる食べ物は、紫外線に浴びる前に食べて出かけると肌トラブルのリスクが高まります。

しかし、時間帯や生活リズムなどを気にしながら食べると肌トラブルのリスクを減らせますので、工夫をしながら食べましょう。

紫外線対策で気をつけたい食べ物は?

ソラレンが多く含まれている食べ物は、どのようなものがあるのでしょうか。5つに分けてご紹介します。中には栄養価が高い食べ物もありますので、今後どのように食べたらいいのかおすすめの方法もお伝えします。

柑橘系

柑橘系が紫外線対策で注意したい食べ物だとご存じの方は多いのではないでしょうか。柑橘系というと幅広いですが、多くの柑橘系が対象になると考えておくといいでしょう。

しかし、一方で柑橘系やフルーツ類はビタミンが豊富なものがたくさんあります。出かけない日は時間帯問わず食べても問題ないですが、外出前は避けるといいでしょう。

ハーブ類

ハーブ類は、パセリやパクチーなどあまり好まない方が多い食材ではないでしょうか。たくさん食べる方は少ないかと思いますが、料理などの飾りでついてくるイメージがある方も少なくありません。

ハーブ類については、日常たくさん食べることは少ないかと思いますので神経質にならずに食べましょう。

かおりが特徴の野菜類

みつばやしそ、セロリなどかおりが特徴の野菜も注意が必要です。特にみつばやセロリは、サラダに入れる野菜としても知られています。そのため、野菜が詰まったサラダやパックを購入するとそれらが含まれている場合も少なくないでしょう。

購入する場合は、それらが含まれているか確認して選ぶよう工夫したり、食べる時間帯を変えるなど意識をしましょう。

ブロッコリーやきゅうり

栄養価が高いブロッコリーもソラレンが含まれる食べ物です。また、水分量が多くサラダによく使われるきゅうりも同様です。ブロッコリーは特に栄養が多く含まれているため、外出する仕事をしている方や食料品などを買いに行く主婦、そして学生は朝よりも夜に食べるといいでしょう。

じゃがいも

じゃがいもはたくさんの料理に使われています。特に和食ではじゃがいもを使用したメニューが豊富です。ソラレンが含まれる食材と知って驚いた方も多いのではないでしょうか。時間帯問わず出てくる食材ですので、気にし出したらきりがありません。

外出先の料理で出てくる可能性もありますので、メニューを考えながら頼むようにしましょう。

ソラレンを含む食材を避けて紫外線対策をしよう!

ソラレンを含む食材を食べると、後々肌への影響が出てきます。そのときは問題なくとも、将来肌に影響が出てしまったら悲しいですよね。そのようなリスクをなくすためにも、事前に食べ物の紫外線対策をしてシミなどの肌トラブルのリスクを避けましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

接客業に10年間携わっておりました。コロナウイルスの感染拡大を機に、多趣味を活かし現在ライターをしながら個人ブログを運営しております。

目次
閉じる