[管理栄養士の週末レシピ] ハーブでいつもの食卓をランクアップ!ディルと鶏肉のホワイト煮込み

ハーブを使って少しおしゃれな煮込み料理はいかがでしょうか。

今回は、ディルと冬が旬のカリフラワーやセロリを使い、冬をイメージさせる白色が映えるホワイト煮込みを紹介します。

ディルのさわやかな香りとジューシーな鶏肉の組み合わせを楽しみましょう。

目次

ディルと鶏肉のホワイト煮込み レシピ

準備するもの(材料)

材料(2人前)

鶏肉1枚(250g)
塩、こしょう各適量
カリフラワー1/4株
しめじ1/3株
玉ねぎ1/4個
セロリ1/4本
ディル1本
生クリーム、白ワイン各150ml
薄力粉大さじ1/2
オリーブオイル大さじ1・1/2
粗びき黒こしょう適量

作り方

1.鶏もも肉は一口大に切り、塩こしょうで下味をつけ、薄力粉をまぶす、カリフラワーは小房に分ける。しめじは石づきを落とし、ほぐす。玉ねぎとセロリは薄切りにする。ディルは葉を取り、飾り用に少しわけておく。

2.フライパンにオリーブ(大さじ1)を入れて熱し、鶏肉を加えて片面に焼き色がついたら裏返し、玉ねぎ、しめじ、カリフラワーを加えて炒める。

3.白ワインを加えてひと煮たちしたら、肉に火が通るまで蓋をし、弱火で煮込む。

4.生クリームとディルを加えてひと煮たちさせる。器に盛り、オリーブオイル(大さじ1/2)をまわしかけ、ディル(飾り用)と粗びき黒こしょうをふって完成。

ディルと鶏肉のホワイト煮込み 管理栄養士のポイント

魚や肉と相性のいいハーブ「ディル」

ディルは、清涼感のある香りが特徴の、魚や肉と相性が良いハーブです。

主にきゅうりのピクルスを作る際に使用されますが、生クリームなどで煮込んだ濃厚な料理でもディルを加えることで、爽やかさが口に広がり最後まで飽きずに美味しく食べられます。

また、ディルには胃のはたらきを助けたり、腸内環境の改善を助けたりしてくれます。ディルの香りには気持ちを落ち着ける効果もあるので、料理だけではなく、ハーブティーとして取り入れるのもおすすめですよ!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

グルメな管理栄養士として、美味しいものを食べて心も体も元気に、をテーマに活動中。美味しいグルメやカフェ情報から、オシャレで健康なレシピなどをSNSで発信。今日も美味しく楽しく”いただきます”。

目次
閉じる