[管理栄養士の週末レシピ] アンチエイジングにも◎鮭と冬野菜のホットサラダ

アンチエイジングには抗酸化作用のある栄養を取ることが大切です。

そこで今回は、抗酸化作用をもつ「鮭」と、美容にはかかせない栄養のビタミンCを含む、冬が旬の「春菊」を使ったサラダを紹介します。

生野菜サラダも良いですが、寒い日には野菜をさっと焼いたホットサラダもおすすめですよ◎

目次

鮭と冬野菜のホットサラダ レシピ

準備するもの(材料)

材料(2人前)

鮭(切り身)2切れ
塩、こしょう各少々
れんこん1節
春菊3株
長ねぎ1/2本
かぶ(大)1株
オリーブオイル大さじ1

<A>

白すりごま大さじ1
みそ、酢各大さじ2
砂糖小さじ2

作り方

1.鮭は一口大に切り、塩こしょうで下味をつける。れんこんは輪切りにする。春菊は水を張ったボウルに葉をちぎり入れ、シャキッとさせ水気を切る。長ねぎは4cmの長さに切る。かぶは皮をむき、くし形に切る。

2.耐熱ボウルに<A>を混ぜ合わせ、ふんわりとラップをかけ電子レンジ(600w)で30秒加熱する。

3.フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、鮭、れんこん、長ねぎ、かぶを炒める。

4.器に春菊を盛り、3.をのせ2.をまわしかけて完成。

鮭と冬野菜のホットサラダ 管理栄養士のポイント

アンチエイジングに取り入れたい「鮭」

鮭には「アスタキサンチン」という赤い色素であるカロテノイドのひとつが豊富に含まれています。このアスタキサンチンは、抗酸化作用がとても高く、肌のシミやシワ、老化防止などのアンチエイジング効果が期待できます。

また、アスタキサンチンは脂溶性なので、油で炒めたり焼いたりすることで、より効率的に栄養を摂り入れることができます。

「春菊」はビタミンCたっぷり

春菊は「ビタミンC」が多い冬が旬の野菜です。ビタミンCもアスタキサンチンと同様に抗酸化作用をもっており、肌のシミやシワの予防や老化防止の効果が期待できる栄養素です。旬野菜は、栄養価も高くなるので、冬に春菊を味わっておきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

グルメな管理栄養士として、美味しいものを食べて心も体も元気に、をテーマに活動中。美味しいグルメやカフェ情報から、オシャレで健康なレシピなどをSNSで発信。今日も美味しく楽しく”いただきます”。

目次
閉じる