[管理栄養士の週末レシピ] お肌のアンチエイジングに!鮭とさやえんどうの混ぜご飯

さやえんどうはこの時期に旬を迎えるビタミンCを多く含む食材。ビタミンCはお肌のアンチエイジングに大切な栄養素です。
今回は、お肌のアンチエイジングにピッタリな食材の「鮭」を組み合わせた、混ぜご飯に仕上げました。さやえんどうの緑と鮭の赤が映える色合いで、見た目も味も良い一品ですよ◎

目次

鮭とさやえんどうの混ぜご飯 レシピ

準備

材料(2人分)

ごはん300g
生鮭1切れ
大さじ1
絹さや4本

<A>

大さじ2
顆粒和風だし小さじ1
砂糖 、白ごま各大さじ1
ひとつまみ

作り方

1.耐熱皿に鮭をのせ、酒をふりかけふんわりとラップをして電子レンジ(600w)で2分半加熱し、ほぐす。

2.絹さやは筋を取り、熱湯でゆで水気をきって、斜め切りにする。

3.ボウルに<A>を混ぜ合わせ、レンジで30秒加熱し、ごはんと混ぜ合わせる。

4.1.2.を加えてさっと混ぜ、器に盛り完成。

管理栄養士のポイント

さやえんどうと鮭のアンチエイジング効果

さやえんどうにはアンチエイジングに欠かせない栄養素のビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは、ハリのある肌に大切なコラーゲンの合成に関わったり、シミやそばかすの改善や紫外線から肌を守る抗酸化作用をもっています。
また、お肌のアンチエイジングにはビタミンCだけでなく、肌のハリを保つためのタンパク質、シミなどから守る抗酸化作用の強いカロテノイドも大切です。鮭は、それらを含む優秀な食材となっています。手軽に手に入り、調理もしやすいので、是非試してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

グルメな管理栄養士として、美味しいものを食べて心も体も元気に、をテーマに活動中。美味しいグルメやカフェ情報から、オシャレで健康なレシピなどをSNSで発信。今日も美味しく楽しく”いただきます”。

目次
閉じる