[管理栄養士の週末レシピ] 旬のかつおで睡眠の質を高める!かつおの洋風カルパッチョ

この時期に旬を迎えるかつおは、美味しいのはもちろん、含まれている栄養も優秀な食材。

今回は、かつおを使い、少しアレンジを加えたカルパッチョのレシピを紹介します。パプリカを使う事で、カラフルでおしゃれに仕上がりますよ!

目次

かつおの洋風カルパッチョ レシピ

準備

材料(2人分)

かつお150g
パプリカ(赤、黄)各1/4個
たまねぎ1/4個
パセリ適量

<A>

オリーブオイル、レモン汁各大さじ1
塩、黒こしょう各適量

作り方

1.かつおは薄切りにする。たまねぎはスライスして水にさらして水気をきる。パプリカ、パセリは刻む。

2.ボウルに<A>、パプリカを混ぜ合わせる。

3.器にたまねぎを敷いてかつおをのせ、2.をかける。お好みでパセリを散らして完成。

管理栄養士のポイント

かつおは良質な睡眠サポーター!

旬のかつおには、トリプトファンという睡眠ホルモンである、メラトニンの素になる成分が豊富に含まれています。また、トリプトファンが体内で使われるためにはビタミンB6も欠かせません。

かつおにはビタミンB6も含まれているので、効率よくトリプトファンとビタミンB6を摂取できます。

トリプトファンは体内で生成できないため、食事などから摂取する必要があります。旬の栄養も豊富で美味しい時期のかつおを積極的に摂りましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

グルメな管理栄養士として、美味しいものを食べて心も体も元気に、をテーマに活動中。美味しいグルメやカフェ情報から、オシャレで健康なレシピなどをSNSで発信。今日も美味しく楽しく”いただきます”。

目次
閉じる