[管理栄養士の週末レシピ] おしゃれディナーでアンチエイジング!牛こま肉の赤ワイン煮込み

「牛肉の赤ワイン煮込み」と聞くと、レストランなどではちょっと高価なイメージがあったり、家で作るのは時間がかかって難しそう…と感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、牛こま肉を使って、おうちで作りやすいレシピに仕上げました。

特別な日のディナーや、おもてなし料理としてお勧めですよ!

目次

牛こま肉の赤ワイン煮込み レシピ

準備するもの(材料)

材料(2人前)

牛こま肉200g
薄力粉小さじ1(1.工程用)
マッシュルーム6個
玉ねぎ1/4個
薄力粉小さじ2(3.工程用)
塩コショウ少々
オリーブオイル大さじ1
クレソン適量

<A>

赤ワイン200ml
100ml
ローリエ1枚
顆粒コンソメ大さじ1
はちみつ小さじ1
生クリーム(お好み)

作り方

1.牛肉は塩コショウをふり、薄力粉を全体にまぶす。牛肉を2等分し広げて重ね、楕円形に形を整える。

2.マッシュルームはスライスし、玉ねぎは大き目のくし切りにする。

3.鍋にオリーブオイルを加えて熱し、1.を焼き色がつくまで焼いて取り出す。同じフライパンで2.を軽く炒め、薄力粉を加えて炒め合わせる。

4.3.に牛肉、<A>を加えて10分程煮込む。

5.器に4.とクレソンを盛り付け、お好みでパセリ、生クリームをかける。完成!

牛こま肉の赤ワイン煮込み 管理栄養士のポイント

赤ワインでアンチエイジング

赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールとは、シワやシミなどの原因となる活性酵素を除去する、抗酸化作用をもつアンチエイジングに効果的な成分です。

また、抗酸化作用は肌をキレイに保つだけでなく、血管の健康にも作用し動脈硬化や脳梗塞などの予防にも繋がります。

ポリフェノールは熱に強いので、赤ワインをそのまま飲むのは苦手という方は、料理に使って取り入れてみましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

グルメな管理栄養士として、美味しいものを食べて心も体も元気に、をテーマに活動中。美味しいグルメやカフェ情報から、オシャレで健康なレシピなどをSNSで発信。今日も美味しく楽しく”いただきます”。

目次
閉じる