オーガニックな暮らしを始めるためにはまず何から取り入れるべき?

私たちが日常的に触れる日用品や食品には、オーガニックと呼ばれるものがいくつかあります。自然にも体にも優しい暮らしのために欠かせないのが、オーガニックなアイテムや食べ物です。

このオーガニックという言葉がついたものは、それだけで自然に近い安全で良いもの、という受け取り方をされますが、実際にオーガニックがどんなものなのかを正しく理解していない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのためにまずは、このオーガニックがどんなものなのかを理解しておきましょう。

目次

そもそもオーガニックの定義は?

はじめに、オーガニックがどんな意味を持っているかについて説明していきます。

農薬や化学肥料に頼らず、自然の力で作られたもの

オーガニックとは日本語で言えば「有機」です。有機というのは農薬や化学肥料を使わずに育てた農林水産物、あるいは加工方法のことを意味します。

つまりオーガニックは食品だけでなく、加工品を含めて自然に近い形で育ち、つくられたあらゆるものを指しているのです。

オーガニックには「生態系」「健康」「公正」「配慮」4つの原則がある

オーガニックをさらに厳密に定義するのであれば、有機農業推進活動を行っているIFOAM(国際有機農業運動連盟)はオーガニックに対して「生態系」「健康」「公正」「配慮」の4つの項目を掲げていますので、これが定義となるでしょう。

この項目によって定義されていることは、「オーガニックとは、可能な限り化学農業を避けることで水や土壌、大気の保全を図り、着色用などの添加物を排除し、食品の安全性、そして動植物の多様性、さらには児童労働の禁止や地産地消の推進」といった、非常に広範囲にわたったものとなっています。

有機JASマークがついているものが本当にオーガニックなもの

日本においてのオーガニックはJAS法によって、有機農産物、有機畜産物、有機加工食品において、登録認証期間の検査と認証を受け、「有機JASマーク」をつけることが義務付けられています。

そのため、この有機JASマークのないものでオーガニックと名乗っているものは、厳密にはオーガニックとして認証されていないということになり、本物のオーガニックではありません。

オーガニック初心者におすすめの取り入れ方法4選

では続いて、オーガニックな暮らしを始めるには、具体的にどんな方法があるのか例を紹介していきましょう。

野菜なら1品から食べてみる

オーガニック食品というと真っ先に浮かぶのが、有機栽培の野菜でしょう。しかし実際にオーガニックな野菜は入手するのに手間がかかりますし、値段も一般的な野菜より高くつきます。

そんな時はまず、一品だけオーガニック野菜を取り入れてみてはいかがでしょうか。

その後オーガニック野菜の美味しさや、安心感を実感できたのなら、そのほかの野菜や食品にもオーガニックを取り入れていけばいいのです。

調味料やスパイスから始めてみる

食品でオーガニックを利用すると、コスト的に高くついてしまいます。まずオーガニック食品とはどんなものなのかを知りたいのなら、調味料やスパイスから試してみてはいかがでしょうか。

主食の材料のようにたくさん使うわけではありませんので、調味料のような手軽なところから始めてみても良いでしょう。

ヘアケア用品をオーガニックに変えてみる

ヘアケア用品にもオーガニックなアイテムがラインナップされています。自然の成分によって髪質が向上しますし、流した後の排水も自然成分であれば自然に優しいというメリットも。髪質に悩みがあるなら、ヘアケア用品から始めてみてはいかがでしょうか。

スキンケア用品やコスメも良い

美容に興味があるなら、オーガニックのスキンケアやコスメアイテムもおすすめ。直接肌に触れるものですから、自然なアイテムは肌に優しい効果を与えてくれるはずです。

オーガニックな暮らしを送るときの注意点は?

単に流行りに乗ってオーガニックを使うとなると、問題が起こる可能性もあります。オーガニックな暮らしのための注意点を理解して、オーガニックのメリットを最大に体験してください。

金銭的に続けられるものを選ぶ。

オーガニックを取り入れるライフスタイルは、普通に暮らしているのと比べてコスト面が高くついてしまいがちです。

日々の生活費の範囲内でオーガニックを使うということを意識していないと、金銭的なバランスが崩れてしまうことも考えられます。

長期にわたって継続して取り入れてこそのオーガニックライフということを、忘れてはいけません。そのために、続けられる価格帯のオーガニック製品を選びましょう。

オーガニックだけにこだわりすぎない。

オーガニックのアイテムは種類が限られていますから、何もかも全てをオーガニックでそろえようとすると、かなりの手間がかかったり、オーガニックのものがなかったりもします。

そのため、オーガニックへのこだわりは、現実的なレベルで、必要以上にこだわりすぎないのがおすすめです。

本当にオーガニックなのかよく調べてから買う

先ほど説明した通り日本においてオーガニックと名乗れるものには、有機JASマークがつけられています。

有機JASマークのない商品でもオーガニックの条件を満たしているものもあるでしょうが、オーガニックにこだわるのであれば、まずはこのマークがきちんとついているかどうかをチェックしてみると良いでしょう。

オーガニックな暮らしを目指すならまず取り入れやすいものを

自然に優しいオーガニックは、環境破壊を防ぎ、さらに健康にも良くて安全な食品やアイテムとなっています。

これからの時代はオーガニックのような持続可能な生産物がさらに増えていくはずですから、今からその価値を体験しておくことは重要なはずです。

まだオーガニックを取り入れていないのであれば、まずはお試し感覚で取り入れられるオーガニックアイテムからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブラック企業にOLとして勤めたのち、Webライターとして独立。得意ジャンルは美容、恋愛、節約、ファッション、オカルトなど。記名記事、専属ライターとして活動するWebサイトは多数あり。

目次
閉じる