[管理栄養士の週末レシピ] 体の芯からあたたまる|ごろごろ具材の豚汁

寒い季節はあったか~い味噌汁が恋しくなりませんか?

今回は、からだもあたたまる具だくさんの豚汁をご紹介します。

からだを内側からあたためる効果をもつ、冬が旬の野菜や根菜を豊富に使うレシピです。

寒い日でもこれを食べれば、じんわりと体が内側からあったかくなると思いますよ!

目次

ごろごろ具材の豚汁 レシピ

準備するもの(材料)

材料(2人前)

ごぼう1/3本
大根50g
にんじん1/3本
長ネギ1本
豚バラ肉100g
ごま油大さじ1/2
400ml
顆粒和風だし小さじ1
みそ大さじ2
七味唐辛子お好み

作り方

1.ごぼうは小さめの乱切りにして水にさらしておく。人参と大根は厚さ5mmのいちょう切りにする。ねぎは1㎝幅の斜め切りにする。豚肉は3等分の長さに切る。

2.鍋にごま油を入れて熱し、ねぎ以外の1.を炒め、豚肉に火が通ったら、水と顆粒和風だしを加えてアクを取りながら野菜が柔らかくなるまで中火で煮込む。

3.ねぎを加えて1分ほど煮る。火を止めて味噌を溶かし入れる。器に盛り付け、お好みで七味をかけて完成。

ごろごろ具材の豚汁 管理栄養士のポイント

からだがあたたまる!冬が旬の野菜

冬が旬の野菜は、からだをあたためてくれる効果をもつものが多くあります。

かぶやごぼう、大根や白菜が代表的なからだをあたためる冬の野菜です。また、ねぎや唐辛子などの香味野菜も、血行を良くして体温を上昇させてくれます。

からだをあたためる効果は、野菜に含まれるビタミンCやビタミンE、辛み成分によるものです。最初に軽く炒めてから汁物にすることで、これらの栄養を効率的に摂取できるので、是非取り入れてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

グルメな管理栄養士として、美味しいものを食べて心も体も元気に、をテーマに活動中。美味しいグルメやカフェ情報から、オシャレで健康なレシピなどをSNSで発信。今日も美味しく楽しく”いただきます”。

目次
閉じる