湿気で髪がまとまらない!外出先でも崩れないヘアキープアイテム4選

梅雨の季節や雨の日などの湿気が多い日は、せっかくヘアアレンジしても外出先で崩れてしまいがち。

湿気を帯びてボサボサっとなったり、広がってしまってたりと、なかなか綺麗にキープできませんよね。

そこで本記事では、そんな湿気の多い日の外出先でもしっかりとヘアアレンジをキープしてくれるアイテムをご紹介します。

湿気が多い日に、どのようなヘアキープアイテムを選んだらいいのかも解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

湿気が多い日のヘアキープアイテム、どう選ぶ?

風が強い日やアクティブに動く日に使うヘアキープアイテムと、湿気の多い日に使うヘアキープアイテムとでは、選び方が少し違ってきます。

まず、どのような状況の日でも共通するヘアキープアイテムを選ぶポイントは、

・キープ力

・扱いやすさ

・髪の質感を損なわないか

以上の3点です。

そして、これらのポイントに加えて、湿気が多い日に選ぶべきヘアキープアイテムは、

・ベタつかない

・エアリーに仕上がりすぎない

このような特徴を持ったヘアキープアイテムが最適。

とはいえ髪質は人によって違いますので、ポイントを押さえた上でご自身の髪質に適した特徴のアイテムを選びましょう。

では、湿気の多い日におすすめするへキープアイテムをご紹介します。

外出先でも湿気に負けないヘアキープアイテム(1)ケープONE(しっかりキープ)

created by Rinker
ケープ
¥1,020 (2022/05/28 09:05:28時点 Amazon調べ-詳細)

後ろ髪のアレンジに加えて、前髪のセットも大切ですよね。

しかし、せっかく綺麗に整えても、湿気のせいで巻いたり伸ばしたりした部分が元に戻ってしまいます。

そんなときにおすすめしたいのが「ケープONE(しっかりキープ)」。

別タイプで「やわらかキープ」もあるのですが、湿気の多い日の外出にはこちらの「しっかりキープ」が向いています。

スプレータイプはベタついたり、バリバリに固まってしまったりして髪が汚く見えてしまうものもありますが、本商品は使用後も自然な仕上がりです。

少なめの量で狙いたいところにスプレーできるので、使い勝手がいいのもポイント。

おくれ毛などの細かい箇所にも使えて、一本持っているとヘアアレンジをより楽しめます。

持ち運びやすい大きさなので、外出先でのお直しも手軽にできますよ。

外出先でも湿気に負けないヘアキープアイテム(2)VO5 スーパーキープヘアスプレー(エクストラハード)

キープ力で言えばこれ!というほど有名な「VO5 スーパーキープヘアスプレー(エクストラハード)」。@cosmeのベストコスメアワードで何度も上位を獲得していて、殿堂入りと言えるヘアキープアイテムです。

綺麗に巻いたカールも、湿気で一瞬にして取れてしまうことってありませんか?

そんな湿気の多い日でも、そのままのカールを長時間キープしてくれます。

まとめ髪をキープするにもいいですが、本商品は巻き髪など形を綺麗にキープしたいところに使うのに最適です。

また、無香料ですので雨の日や湿気が多い日特有のじめっとした臭いと混ざらずに、香りを気にせずに使えますよ。

外出先でも湿気に負けないヘアキープアイテム(3)マトメージュ まとめ髪スティック スーパーホールド

まとめ髪スティックは、スティック状のワックスで、手を汚さずにしっかりヘアキープしてくれるアイテム。

レギュラータイプもありますが、湿気に負けないようスーパーホールドタイプがおすすめです。

こちらは、アップでまとめたヘアアレンジや、短い髪が落ちてきてしまう場合に使えます。

ぴょんぴょんと出てしまうトップのアホ毛や、湿気で広がってしまう髪も簡単に抑えられるので、時短アイテムとしても活用できます。日常使いにもおすすめです。

外出先でも湿気に負けないヘアキープアイテム(4)ロレアル パリ エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪オイル

ロレアルパリの艶髪オイルは、ヘアアレンジした髪をキープするというよりは、クセ毛の方やパサついて広がりやすい方におすすめのヘアキープアイテムです。

オイルで保湿することで、丁寧に整えた髪も綺麗にまとまってくれます。

オイルというとベタつくイメージですが、本商品はうるおいつつ仕上がりは滑らかで、重くなりません。

髪全体をまとまった艶やかな髪にしてくれるので、本商品と他のヘアキープアイテムを併用してみると、より湿気に負けない美しい髪をキープできるでしょう。

湿気に負けないアイテムを使えば外出もこわくない!

今回は、外出先でも崩れないヘアキープアイテムをご紹介しました。

自然にまとめるタイプや、しっかり固定してくれるタイプ、そして広がりを抑えてくれるタイプなどをピックアップしましたので、その日のヘアスタイル、ご自身の髪質に合わせて使い分けてみてください。

湿気にも負けない髪を日々のヘアケアで補うのは難しくても、ヘアキープアイテムをうまく使えば、綺麗にヘアスタイルを維持できます。

本記事で紹介したアイテムを参考に、どのような日でもお洒落を楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

名古屋在住フリーランスライターのサラダです。
日々の暮らしを豊かにするために、健康的で快適な生活を目指しています。無理しないことが大前提。
趣味は音楽、映画、美術鑑賞、海外旅行です。敏感肌。

目次
閉じる