お風呂上がりにできるヘアケアって?簡単な「あの方法」でサラサラ髪に!

芸能人のようなサラサラ髪に憧れている方も多いでしょう。サラサラ髪になるには特別なケアとアイテムが必要なのではないかと思う方も少なくありません。実はお風呂上がりの手軽なヘアケアで、天使の輪が輝くサラサラ髪が目指せるのです。今回は、そのやり方を紹介するので、ぜひ今日から実践してみてください。

目次

お風呂上がりのヘアケアがサラサラ髪のキーポイント

お風呂上がりは何気なく髪の毛を拭いて、ただドライヤーで乾かしている方も多いのではないでしょうか?しかし、美髪を目指すためには、お風呂上がりのケアがとても大事です。

いつものお風呂上がりに5分間のケアをするだけで、みんなが振り向くサラサラ髪が目指せるでしょう。

お風呂上がりの髪の毛はとてもデリケート

お風呂上がりにタオルで髪の毛をゴシゴシと拭いていませんか?髪の毛をゴシゴシと拭くと負担がかかって、キューティクルが乱れてしまいます。タオルでゴシゴシと拭くのではなく、優しく包むように水分を拭き取ることが大切です。

また、シャンプーをしてトリートメントで髪の毛を洗ったら、もうそれだけで十分なお手入れになっていると思っている方も多いでしょう。

しかし、シャンプーやトリートメントをしても、お風呂上がりの髪の毛はとてもデリケートな状態なのです。

キューティクルが開いている状態なので、素早くケアして乾かしてあげることが大切。

自然乾燥は汚髪の原因に!

お風呂上がりは髪の毛を乾かすのが面倒だからと、自然乾燥している方も少なくないでしょう。自然乾燥は汚髪を招く原因となります。

お風呂上がりに髪の毛が濡れたまま眠ると、髪の毛同士が擦れるのでキューティクルが剥がれて傷んでしまうのです。

ちなみに、髪の毛を乾かさずにいると頭皮が蒸れて雑菌が発生し、嫌な臭いの原因にもなります。

美髪を目指すだけではなく、清潔感を出すためのもお風呂上がりは髪の毛をしっかり乾かすことはとても大切なのです。

お風呂上がりに意識するべき5つのヘアケアポイント

ここからは気軽にできるお風呂上がりのヘアケアのポイントをご紹介します。今日からでも実践できる方法なので、ぜひやってみてください!

1.タオルドライを念入りに

まずは、お風呂から上がった後にタオルドライを念入りにしましょう。タオルドライする際は、髪の水分をタオルに吸収させるように軽く叩きながら行うのがポイントです。

強く叩いたり、ゴシゴシとタオルで拭いたりするのは、髪の毛を傷める原因となるので注意してください。

髪の毛をタオルで挟んで、優しく握るような感覚で水分を吸収させていくと良いでしょう。

2.乾かす前にクシで髪の毛をとかす

タオルドライが終わったら、髪の毛を乾かす前に一度クシでとかしましょう。ある程度髪の毛の塊をとかすことで、傷めることなくきれいに乾かすことができます。

この2つのポイントを試すだけでも、ドライヤー終わりの髪の毛の仕上がりが見違えるほど変わるので、ぜひ実践してみてください。

ただし、上記でも説明したように、お風呂上がりの髪の毛はとてもデリケートな状態となっています。

無理矢理クシでとかすと髪の毛を傷めてしまうので、目の粗いクシを使って軽く通す程度がポイントです。

3.髪の毛とドライヤーの距離は15㎝以上離す

それではいよいよ髪の毛を乾かしていきます。髪の毛を乾かす際は、頭皮から始めていきましょう。

このとき、髪の毛とドライヤーの距離は15cm以上離すようにしてください。髪の毛とドライヤーの距離が近すぎると、熱で髪が傷んでしまうので要注意です。

十分な距離を保ったまま、頭皮を乾かすように意識しながらドライヤーを動かしていきます。

ある程度頭皮の水分が飛んだら、初めて毛先をメインにドライヤーの風を当てていきましょう。完全に乾くまで、手櫛で髪の毛をとかしながら乾かすのがポイントです。

4.洗い流さないトリートメントで髪の毛をケア

髪の毛が乾いたら、洗い流さないトリートメントやオイルで髪の毛をケアしましょう。髪の毛のツヤやまとまりを出してくれるのがトリートメントやオイルです。

ただし、髪の毛にツヤを出したいからといって大量に使うのはNG。とは言え、少なすぎても効果を得ることはできません。

トリートメントやヘアオイルの効果を引き出すためには、「量」が重要なポイントです。

髪の毛全体に馴染むように、ショートの方は10円玉程度、ロングの方は500円玉を目安にするといいかもしれません。

少量ずつ使いながら、足りなければもう少しつける程度で髪の毛に馴染ませていきましょう。表面だけではなく、内側の髪の毛にもトリートメントやオイルが行き渡るように塗るのがポイントです。

5.最後に冷風を当てて髪の毛を締める

最後に冷風をあてて髪の毛を締めていきます。熱風を当て続けることによってもキューティクルが開いてきます。キューティクルを最後に締めることで、健康でつやのある髪の毛に仕上げられるのです。

冷風を当てる際も髪の毛から15cm以上は離して使ってくださいね。

毎日のお風呂上がりのヘアケアで美髪を目指そう!

今回はお風呂上がりにできるヘアケア方法をご紹介しました。難しい方法は必要なく、簡単にできるポイントばかりなので、今日からでも実践して美髪を目指しましょう。

5つのポイントを意識するだけでも効果を実感しやすいので、つやのあるさらさら髪に思わず自分もうっとりしてしまうかもしれませんね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

美容業界で4年間携わっておりました。そのときに学んだ知識を活かしながら、現在ライターとして活動しています。

目次
閉じる