梅雨は髪のうねりがヒドい!髪がまとまるおすすめのヘアケア方法

梅雨に入ると、「髪のうねりがひどくなる」「うねってスタイリングがうまくいかない」と悩む方は多いはずです。

なぜ梅雨は髪がうねりやすいのでしょうか?また、梅雨でも髪をまとまらせるには、どうしたら良いのでしょう。

今回は梅雨の髪のうねりの原因と、髪がまとまるおすすめのヘアケア方法をご紹介します。梅雨のでも思い通りにスタイリングしたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

梅雨に髪がうねりやすいのはなぜ?

梅雨に髪がうねりやすいのは、髪1本1本が水分を吸収してしまうからです。梅雨以外の時期は髪の水分バランスが均等に保たれています。

しかし、梅雨の時期は空気中に湿気が多く、さらに気温が上がり始める時期なので、湿気と汗により髪の水分バランスが崩れてしまうのです。

水分を多く含んだ髪はうねるだけでなく、広がりやすくなります。その結果、髪がまっすぐにならずうねる、スタイリングをしても広がって髪がまとまらないなどの悩みが出てくるのです。

梅雨に髪がうねりやすい!髪質は関係ある?

梅雨に髪がうねるのは湿気と汗が関係しているため、どんな髪質でもうねり・広がりのトラブルは出やすいと言えます。

しかし、うねり・広がりの度合いには個人差がありますが、それは一体なぜなのでしょうか?

髪質によってうねりやすさに差がある

梅雨の髪のうねりは、髪質によって差があります。

くせ毛や猫っ毛は、他の髪質と比べて水分を吸収しやすいため、うねりやまとまりにくいなどのトラブルが起こりやすいのです。くせ毛、猫っ毛は髪の水分バランスを均等に保ちにくいため、梅雨の湿気や汗の影響を受けやすいのが原因です。

直毛はもともと髪の水分バランスを保ちやすい性質があるため、梅雨の湿気や汗の影響は受けにくい傾向にあります。

外的要因も関係している

もともとの髪質だけでなく、外的要因もうねりやすさの度合いに関係しています。

外的要因は、

  • カラー、パーマによるダメージ
  • アイロン、コテによる熱ダメージ
  • ブラッシング、枕などによる摩擦ダメージ
  • 紫外線によるダメージ

などです。

髪がダメージを受けていると、髪の内部を守る働きがある「キューティクル」が傷つきます。その結果、髪が水分を吸収しやすくなり、湿気の多い梅雨に髪がうねってしまうというわけです。

髪質は遺伝子レベルの問題なので、縮毛矯正をしたりヘアケアをしたりと、人工的な手を加えないと梅雨のうねりは改善されません。外的要因によるうねりは、うねりケアとあわせて、ダメージを補修し、さらなるダメージを防ぐ必要があります。

梅雨でもサラサラ!髪がまとまるおすすめのヘアケア方法

ではここから、梅雨でもサラサラでまとまる髪をキープするために、おすすめのヘアケア方法をご紹介していきましょう。今回は各工程にわけてポイントを説明します。

シャンプー

シャンプーはしっとりタイプや髪をまとまらせるタイプがおすすめ。近頃は湿気によるうねりをケアできるタイプも販売されているので、そのようなものを選んでみても良いでしょう。

お湯で髪を濡らしたあとは、しっかりと水気を切りましょう。髪が水を含み過ぎていると、泡立たずシャンプーの効果が弱まる可能性があるので注意してください。

トリートメント

髪のダメージがひどい方は、内部補修タイプのトリートメントがおすすめです。

トリートメントをつけたらすぐに洗い流さず、蒸しタオルで髪をつつみ、10分程度置いて浸透させるのがポイント。すすぐ時は、軽くぬるつきが残るぐらいにしておくと、しっとりまとまる髪がキープできます。

ヘアオイル

ヘアオイルには髪をまとまらせ、ドライヤーの熱やヘアブラシの摩擦から髪を守る働きがあります。その他、髪にうるおいを与え、パサつき・うねり・広がりをおさえる効果が期待できるため、梅雨の時期にはぜひ使って欲しいヘアケアアイテムです。

そのため、タオルドライをしたあとは、ヘアオイルを毛先を中心に髪へなじませてからドライヤーを使いましょう。髪の広がりがひどい方は、洗い流さないトリートメントを使うのもおすすめ。

ただし、ヘアオイルと併用すると髪がベタッとなりすぎてしまうため、どちらか片方のみにしておきましょう。

ドライヤー

ドライヤーは本体を動かしながら、上(頭頂部)から下(毛先)に向かって、流れるように当てるのがコツです。上から下に動かすことで、うねりにくく、広がりにくい髪に仕上げられます。

パサつきの原因になるため、乾かし過ぎには注意。少しだけしっとり感が残る程度にしておくと、髪に必要な水分を残せます。

ブラッシングは濡れた髪に行うと髪が傷んでしまうため、ある程度乾いてから行いましょう。濡れた髪はダメージを受けやすいので、自然乾燥はNG。梅雨の時期は特に、忙しくても髪を乾かすよう心がけてください。

スタイリング

スタイリングはウォータースプレーで水分を補い、一度乾かしてから行うとキレイにまとまります。もしうねり・広がりがひどく、ヘアケアに毎朝1時間もかかってしまうほど大変なら、縮毛矯正を行うのを視野に入れても良いかもしれません。

まとめ

梅雨の時期は湿気や汗を髪が吸収し、水分バランスが崩れることでうねりや広がりなどの髪トラブルを起こします。

くせ毛、猫っ毛、ダメージヘアの方はうねりやすい傾向にあるので、今回ご紹介したヘアケア方法をぜひ参考にしてみてください。

スタイリングだけでなく、シャンプーから気をつかうことで、梅雨のうねりに負けないサラサラヘアに導けるでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ブラック企業にOLとして勤めたのち、Webライターとして独立。得意ジャンルは美容、恋愛、節約、ファッション、オカルトなど。記名記事、専属ライターとして活動するWebサイトは多数あり。

目次
閉じる